観阿弥

観阿弥(カンアミ、Kanami)

 

(1333年~1384年)南北朝時代の能役者・能作者。観世流の始祖。伊賀の人。名は清次(きよつぐ)。世阿弥の父。大和猿楽(やまとさるがく)に曲舞(くせまい)などの要素を加え、謡を革新して能を大成させた。作「自然居士(じねんこじ)」「卒都婆小町(そとばこまち)」など。かんなみ。

 

2018年11月15日 デジタル大辞泉 より転載

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る